スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル写真 現像レタッチについて20 Lightroomの操作(左パネル)

Lightroom5のプリセットについてご紹介しましたが、左パネルの、その他の機能をご説明しましょう。

まずは、コピー&ペースト

COPIPE.jpg
Lightroomではよく使う機能なので、いちいちコマンドを開かなくても、ここをクリックすればよいだけになっています。



お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村




snapshot1.jpg
スナップショット。
これは、これまで行った設定を保存しておける機能です。
ヒストリーを誤って消去してしまっても、スナップショットを要所要所で行っておくと記録が残ります。
私は、コンテストに応募した作品が最終選考に残ったからもう一度データを提出するように要請されたとき、ヒストリーが残っていなかったために焦ったことがあります。
そんなときもスナップショットを残しておけば安心です。




snapshot2.jpg
クリックするとこんな画面になりますので、デフォルトの「日付と時間」のまま、またはスナップショット名を入れて作成します。




hist.jpg
ヒストリー。
こちらを開くと、これまで行った処理の履歴を開いてみることができます。
ヒストリー履歴は消去することができます。

これらの機能とカタログ機能を使いこなして、大量の写真データを合理的に処理することができるのがLightroomの便利なところでしょう。
ただ、コピー&ペーストと同期にだけ頼らず、時間がある限り、もう一度一枚ごとに見直して微調整は忘れないようにしましょう。





写真素材のピクスタ




アマゾン電子書籍で写真集好評発売中!Hola!Paraguay Ver.2の英語版・スペイン語版が新発売!


   ↓


英語版




スペイン語版




日本語版


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。