スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル写真 現像レタッチについて19 プリセット

Lightroomの設定をコピーする方法をコピー&ペースト複数に適応させる同期についてご説明しましたが、今回はそれを記憶させていつでも使えるようにする方法です。


お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村



その方法とは、画面左側にあるパネルにあるプリセットです。
Lightroomには、最初からいくつかの種類のプリセットが入っていて、そのプリセット名の上にカーソルを持っていくだけでナビゲーター(左上にある小さな画面)にどのように変化するのか見ることができます。


setteicopy6.jpg
これはLightroomカラープリセットのクロスプロセス1を適応した写真です。





setteicopy7.jpg
こちらは、同じくLightroomカラープリセットのクロスプロセス3ですが、全く雰囲気が変わりました。
ちなみに、どのような処理が行われたのかは、右側の補正パネルを開けば確認することができ勉強になります。





setteicopy4.jpg
さて、自分が行った補正の処理設定をプリセットに記憶させるには、記憶させたい処理を行った後、現像 → 新規プリセット を開きます。





setteicopy5.jpg
コピーのときと同じようにこのような画面が開きますので、記憶したい設定にチェックを入れ、プリセット名をつけて作成をクリックすることで保存できます。
次回からは画面左側のパネル、プリセットから自分でつけたプリセット名を呼び出せます。

ネットでは様々なLigtroomのプリセットが販売、あるいは無償提供されていますので、「free presets for lightroom」とかで検索して気に入ったのがあればインストールされるとよいでしょう。
インストール方法は、ダウンロードして解凍したファイルを任意のフォルダーに置き、Lightroomのプリセットのところで右クリック、読み込みで取り入れることができます。




写真素材のピクスタ




アマゾン電子書籍で写真集好評発売中!Hola!Paraguay Ver.2の英語版・スペイン語版が新発売!


   ↓


英語版




スペイン語版




日本語版



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。