FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル写真 現像レタッチについて16 スポット修正 ゴミ処理編

スポット修正、前回の補足ですが、今回は等倍に拡大してみないとほとんどわからないレンズやセンサーについた塵、埃によって写り込んだゴミの補正です。

お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村



spotkasi1.jpg
この砂浜の写真は一見、綺麗ですが実はゴミだらけなのです。
ゴミといっても砂浜に落ちてるタバコの吸い殻やペットボトルではありません。
もちろん、そういったゴミもスポット修正で消すことはできますが、今回はそれが目的ではないので、特に青空に注目してください。




spotkasi2.jpg
このような綺麗な空を写したときは特に要チェックです。

チェックの仕方は等倍に拡大してみるのも一つですが、もっと簡単な方法があります。
まずはスポット修正のアイコンをクリックしましょう。
すると画面下のほうにスポットを可視化という項目が現れますので、そこにチェックを入れます。




spotkasi3.jpg
チェックを入れるとこんな画面になり、空に白い点々が浮き上がってきます。
これがゴミです。
あまり小さなノイズまで拾っても仕方ないので、スポットを可視化の右横のバーを動かすことで調整します。





spotkasi4.jpg
拡大してみるとこんな感じです。
白く丸いドーナッツのようなのがゴミです。





kasika.jpg
わかりやすいように別の写真でみてみましょう。
同じ写真ですが、上半分が可視化されてない写真・下半分が可視化された写真です。
雲に写ったゴミ、ドーナッツの部分が上の可視化してない写真では、薄っすらとした斑点になってます。





spotkasi5.jpg
それら一つ一つを拡大画面でスポット修正した後、見るとこんな感じです。




spotkasi6.jpg
修正後の写真、どうでしょう?
最初の写真とほとんど変わらないですね。
でも、売り物にするときはこの処理が大切なのです。
実は、プロのアーティストでも自分の作品のゴミに気がつかない人が結構いて、返ってフォトストックなどで販売しているアマチュアカメラマンのほうがゴミがあるとNGになるため詳しい場合があります。
まあデジタル暗室の仕事と、自分の感性で勝負するアーティストは別仕事と考えてもよいのですが、簡単なことなので覚えておいて損はありません。



spotonoff.jpg
修整前と修整後を比較するには、いろいろありますが、パネル左端にあるここをチェックして修整行った効果をオンオフして見ることができます。
スイッチ上がオンで、下にするとオフ。
これは、スポット修正だけでなくその他の補正も同じようにオンオフすることができるので覚えておいたほうが良いでしょう。




hoseihikaku1.jpg
あるいは画面左下のここをチェックすると補正前と補正後を並べてみることができます。



hoseihikaku2.jpg
比較画面を元に戻したいときは、表示から開いてチェックをクリックして外します。



写真素材のピクスタ




写真集もよろしくお願いいたします。


   ↓


英語版



スペイン語版                      日本語版



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はっ!、可視化、そんな機能があったんですね(笑)。今の今まで知りませんでした。普段、邪魔なのでツールバーの領域を消していたんです。

これであるコマで空を確認したら発見!、多分遠方で飛んでいる鳥、なるほど、こりゃぁ普通に見ていたら気付きにくいと感じました。

良い情報ありがとうございました。

No title

BigDaddy さん、いえいえ私も気がついたの最近です。
PIXTAからNGで戻された写真をチェックして気がつきました。
今まで、拡大画面の露光調整だけでゴミ消去してたため、見落としがあったのです。
遠くの鳥なんかもゴミじゃないですが、小さすぎるとゴミになってしまいますね(笑)
プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。