スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル写真 現像レタッチについて12 ツールストリップ3 赤目修正

Lightroomのツールストリップ3つ目は、赤目修整です。


赤目修整1
暗い場所で瞳孔が開いているところに、フラッシュをたくと網膜に光が反射して眼が赤く写る現象です。
予備発光で瞳孔を閉じさせる赤目軽減機能付きストロボやカメラもありますが、赤目で撮れてしまった写真を修整することもできます。



赤目修整2
赤目修整アイコンをクリックして、赤目で写っている眼全体に持っていき輪を広げ囲います。
このときに、瞳の大きさと暗くする量を調整します。



赤目修整エラー
赤目じゃないところや赤目として認識できない部分を選ぶとこのようなエラーが出ます。たとえば、眼が白くまたは赤以外の色で光って写ることもありますが、これは赤目修整機能を使っての修正はできません。


赤目修整3
全ての目が修整できたら完了ボタンを押します。


お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

写真集もよろしくお願いいたします。

写真素材のピクスタ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。