スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル写真について考え方1

前に、フェイスブックで自分の考え方をまとめたものを再アップしたいと思います。
これは自分の考え方なので、そのほかにいろんな考え方があってよいと思いますし、ほかの考え方を否定するものではありません。
あくまでも、自分はこのように考えてデジタル写真を撮り、現像加工しているということです。

「撮って出し」について。

「自分は写真は基本的に加工しない」という話もよく聞きます。
どういう意味においてその方が言われているかはそのケースによって異なるとは思いますが、「撮って出し」は私もよく使う言葉です。
それは、撮影時点での設定を完璧にすれば後でいじる必要ないし、撮って出しに自信があるぞとの意味なのか、ただ単に現像ソフトやレタッチの知識がなくてできないだけなのか、うまく撮れても撮れなくても面倒くさいという意味なのか、写真に対する何か哲学があるのか、人それぞれでしょう。

でも、デジタルカメラにおいては「撮って出し」の出来が良い確率が高くなるのはカメラそのものの性能によるところが大きいのではないでしょうか。
特にフォーカスや露出などオートの部分が多ければ多いほどその部分はカメラの性能ですね。
カメラメーカーの開発者さんの作品というか(笑)

だから、私が「撮って出し」と言う言葉を使う時は、「このカメラの性能凄いな」とか「たまたまやった!感謝」という意味が多いです。

またトリミングは、撮影時の自分の構図の甘さやそのとき使っていたレンズの限界を認めている時、あとアスペクト比を変更したい時にだけ使います。

構図は絵心。

ファインダーを覗く前に、どんな絵を撮りたいか、芸術家気分になって被写体を探しながらこれを切り取ったら絵になるとか、後で現像時にちょっと手を加えれば凄いぞとか、思い描いて撮ってます。
そして、できるだけ後でトリミングに頼らなくて良いように、最初に与えられた構図の直感は大事にしたいと思います。


お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

写真集もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

LightroomのVer3を初めて使った時、カルチャーショックを受けましたねぇ。Photoshopで面倒だった作業がバーをスライドさせるだけで出来るなんて!、と。元々Photoshop CS4のCamera RAWでそれを味わい、一気に作業出来るLightroomを買った方が効率が良いと思ったんです。

Pentaxカメラの撮って出し、彩度、色相などをかなり弄っていますが、特に不満はありません。独特な銀残しも、普通の銀残しじゃなく、デフォルトでは緑被りになっており、これが妙にハマってしまって、今ではPentaxの銀残しは滅多に使いませんが、Lightroom、Photoshopのプラグインソフトで銀残し風を作り、やっぱり緑を被せているんです。

ところがOlympusのPENデジの一世を風靡したアートフィルター、あれでふと思ったんです。「カメラメーカーの開発者さんの作品」に近い思考で、「アートフィルターを使うと、Olympusの広告をタダでやっているだけじゃないか」と思ったんですよねぇ。

写真ブログを巡っていると機材データを見なくても「あっ、これOlympusの絵だな」と判ってしまう。商売としては成功でしょうが、ユーザーとしてはへそ曲がりなもので嫌なんですよねぇ(笑)。それからはOlympusでは(ノイズ処理が酷過ぎる事もありますが)、撮って出しは一切使わなくなりました。

No title

BigDaddy さん、コメントありがとうございます。
私は、Lightroom買ってからしばらく放置してました。
どうしても、エクスプローラーなどファイル管理ソフトとは使い勝手が違って馴染めず、ちゃんとデータが保存、守られてるか信用できなかったのです。
で、ようやくわかってきたころにはデータが溜まりすぎて、今さら最初から整理しなおすのもと、せっかくのデータベース機能がもったいない、なんだか変な使い方をしています(笑)

そろそろ整理しておかないと大変なことになってしまいますが・・・。

でも、現像については、Lightroomに頼り切り、デジタル写真撮ってて、これを使わないのはもったいないと思います。
ニコンのソフトは有料販売及びサポート打ち切りになってしまいましたし、ほとんど使わなくなりました。

データ管理も現像も、もっともっと使いこなせるように日々勉強です。
マイペースで( ^^)

プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。