スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDR写真とHDR風写真様々

今まで撮った写真をPhotomatixでHDR写真実験加工したものを7枚



お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村





DSC_3403_ts.jpg
飛行機から撮った東京湾
これは合成じゃなく一枚の写真をHDR風にレタッチしたもの












DSC_3874_ts.jpg
阪神電車からの風景
カメラのHDR設定で撮った一枚の写真から超現実的HDR加工












DSC8783ts.jpg
パラグアイの夕焼け











DSC_0602_ts.jpg
JR東海電車から撮った四日市の朝











DSC_4219_ts.jpg
ポゴナジムアスンシオンから撮った夕焼け
深みを増して












DSC_1282_ts.jpg
2月の白川郷
これもなるべくナチュラルに












DSC_1806_7_8_9_ts.jpg
岩手県久慈市
こちらは4枚の写真から絵画風に



同じHDRといえども、どんな風に加工するかは好みでしょう。












KINDLE電子書籍をパソコンで読めるアプリ




Amazon.co.jp: Kindle for PC




これらの私の写真集もパソコンで見られますので、よろしくです。

   ↓


英語版




スペイン語版




日本語版











写真素材のピクスタ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお!、この一群ですね!。確かに外国の方が好きそうな写真ですねぇ。1枚目は綺麗ですね。2枚目は反対にこの雲の形状、一般的な現像で見たいと感じました。5枚目はこういう風景、HDRじゃなくても実際にありそうで、この5枚目のような加工してあるのか、肉眼にもそう見えているか、そんなのが好みみたいです。

HDRはどれくらいディテールを出すか難しいところです。多少の輝度差なら最初のお写真のように1枚からでもどうにでもなるので、複数枚を合成してまで、何を表現するか、その辺が難しいです。私個人は夕方の逆光時に3枚を合成する時が多いです。流石に夕方の逆光ともなると、輝度差があり過ぎて1枚じゃ・・・(笑)。

No title

BigDaddyさん、ご感想いただきましてありがとうございます。
そうなんですよね。
私も実際にあるような写真が好みですが、海外ではなぜそこまで加工するのかというくらいがちょうどよいようで、私たち日本人にはどうしても理解できません(笑)

2枚目の写真は、通常のJPEGだと、本当にただの阪神沿線の電車から外をみた風景になります。
でも、この日の実際のイメージはこれほどまではいかなくともかなりインパクトある空でした。
もし、Facebookで友達申請していただければ元のオリジナルを見ることができます。

昨日は今乗っている自分の車を売ろうと、写真撮影。
エンジンルームを取って合成してみたのですが、これはSF漫画に出てきそうなメカニックな雰囲気になりおもしろかったです。
さすがにそれは販売用には使えませんが・・・(笑)

No title

ああ、すんません。Facebookやっていないもので・・・。

時にエンジンルームの合成、当然金属部分が多いわけですよね?。ふと、HDRした後にブリーチバイパス風に彩度を下げて、それにシアンかグリーンの色フィルターを軽く乗せたら、これまた外人が好きそうな絵になるんじゃないかと思いました。

No title

BigDaddyさん、確かにブリーチバイパス風にしてみるとおもしろいですね。

最近の車のエンジンルームは金属部分より合成樹脂カバーやプラスチック、ゴム部分が大半を占めていますが、管とかくねくねと工場写真と共通する魅力があるのではと思いました。

ところで、やはりHDR写真、日本人には合わないようで、このブログを日本ブログ村のコンテストに出したところ、本日、一回戦落ちとなってしまいました(笑)

プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。