スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪景色の撮影(妻籠宿にて)

今回の日本はパラグアイにはない雪景色を撮りたいということから、妻籠宿や白川郷に行ってまいりました。
幸い、妻籠宿では雪が降ってました。

メインブログと同じく、時系列ではなくランダムに写真を紹介していきたいと思います。



お手数でなければポチッと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村






これらの三枚の写真は同じ時に同じ場所を撮ったものです(宿泊先の大妻籠にて)。
ストロボなし雪国
ストロボなしで撮影するとこんな感じに降っている雪は消えます。
雪が降っている情景を撮るにはストロボやフラッシュが必要です。













ストロボあり雪国
こちらはストロボ焚いて撮った写真。












ストロボ調整雪国
ストロボの設定も照射距離などいろいろ変えて撮ってみてください。
雪の写り方が変わります。






KINDLE電子書籍をパソコンで読めるアプリ




Amazon.co.jp: Kindle for PC




これらの私の写真集もパソコンで見られますので、よろしくです。

   ↓


英語版




スペイン語版




日本語版






写真素材のピクスタ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

里帰り、如何でしたか?。

3枚目、オーブみたいで面白いです。
なるほど、雪もこんな風になるんですね。こんな事、考えもしなかったです。

もしかすると廃墟とかでオーブだ!、なんて写真の一部は、ただの塵や埃をストロボで照射しただけなのかもしれんですね。

No title

BigDaddyさん、ありがとうございます。
分刻みのスケジュールで慌ただしかったですが、お蔭さまで、ずっと引っかかっていた人生の清算もすることができました。

まあ、その分感傷に耽ってしばらくシャッターが切れなくなってしまいましたが・・・。

オーブ、玉響現象ですね。
三枚目は開放f2のレンズで2.8で撮ったら雪がこのようなボケ具合になりました。

オーブを撮る人も、意識してかしないでかはわかりませんが、撮りたいように撮れるという意味においてはプロなのでしょうね(笑)
プロフィール

Mfotos

Author:Mfotos
日本と南米パラグアイで活動するフリーフォトグラファーの平田真実です。

Mfotosホームページ


Mfotosメインプログ


アマゾン電子書籍著者プロフィール


 


 


 


 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。